読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走る

 

30歳のころ独りになって、力強く生きようと走っていた。

息が上がったときは負けるもんかと自分を鼓舞していた。

暖かい灯がともる邸宅を横目に走れば、もう一度いつか家庭を持つという信念があった。

 

40を過ぎたことからなんとなく不調が波のように訪れ、

40代後半のある時期は心が病み、体も続いて萎えてしまった。

環境が変わり新しいことに順応できずに苦しんだ昨年。

辛い時期が続いていたな。

 

そして、50を過ぎてまた体が走りを欲しがっているよう。自信もついたんだろう。

もちろん走ってみれば、体が思うように動かない。

上り坂は歩いた方が早いし、足の負担も少なく体によいとおもうほど。

 

ただ、続けることのみ。