読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お坊さんのパフォーマンス

三十三回忌に際して、お坊さんのお経と法話を拝聴する機会があったが、

私にはどうしても急ぎ足のお経であり、その後の法話も一度聞いたことのある話で

疑問符がつくものであった。

 

僧侶がお年を召してきているせいであろうか?

そもそも仏教の僧侶とはそのような次元の方ではないのであろうか?

 

もやもやとする気持ちを抱え、毎日父があげるお経の方がしっかとしており、

ありがたいと思ってしまう。いけないことなんだろうか?