読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年の瀬の装い

948ヘクトパスカルまで下がった低気圧が猛威を奮った日に

やっと電飾を取り付けた。雪が舞う中の作業だった。

f:id:bphchan3:20141219095059j:plain

震災の年もあえて自粛しなかったのは、

我が家のベランダを見上げて、子供が「キラキラだっ」って喜んでくれたり、

疲れて帰宅するお父さんが「もう少しで家だっ」とホッとくれたり、

好きな人のことを思い出したりして、心が暖かくなりますように、と願うから。

 

でも、ノーベル賞受賞のこの大発明が無かったら、

きっとこんなこと出来なかったと思うと、さらにありがたく感じるLED。

 

クリスマスは日本人のお祝いではないと屁理屈を言う私も、

寒い季節に「一年お疲れさま」という意味を込めて玄関も赤くする。

生木の方は山帰来(さんきらい)。

f:id:bphchan3:20141219095041j:plain

 

お隣のおじいちゃんと娘さんは敬虔なクリスチャンのようだ。

きっと静かに静かにこのクリスマスを正しくお祝いするのだろう。

 

3年越しのシクラメンもこの冬の嵐でバランバランに

なってしまったが、今が出番と花盛り。

f:id:bphchan3:20141219095009j:plain

 

帰省の準備で、両親やふる里を想う。

年賀状を書きながら、長らく会っていない友人を想う。

日本人にとっても素敵な日々。