読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋の養生

平成25年4月から約1年間薬膳料理教室に通っていた。

突き詰めると中医学の理論を理解しないといけない程奥が深いが、

ごく簡単に気をつけておきたいことを書いておこうと思う。

 

二十四節気秋分(9/23頃)に一番気をつけておきたいのは、五臓のうちの肺。

そしてキーワードは「潤肺」。気温が下がって来て空気が乾燥してくるが、

夏の暑気が体に残っているので肺が乾燥。肺を潤すことを気をつけてみよう。

 

「潤肺」によい食材は、梨。旬を大切にする薬膳ならではのチョイスですね。

ちょっと馴染みがないが、菊の花。解熱、解毒、炎症を抑える作用がある。

更年期ののぼせにも良いと言われている。

 

薬膳ではすべての食材に温熱涼感のどれかの作用があるとする。

お茶だけでも忘れないように、書いておこう。

温熱 紅茶、杜仲茶

涼感 緑茶、麦茶、ウーロン、ジャスミン、プーアール