読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"I Daniel Blake"

 

「わたしは、ダニエルブレイク」

英語題名には動詞がない。

 

私にはその方が、自分という存在を最大にこの世に残すという意味に思える。

 

ダニエルは国から切り捨てられていく。

生活保護、失業保険から繁文縟礼で振り落とされる。

いわゆるお役所仕事、英語ではred tape。

 

繁文縟礼(はんぶんじょくれい)とは、規則が細かすぎ、煩雑な手続きが多く、非常に非能率的な状況を指す。膨大な公文書を束ねて保存するために使われる赤い紐が転じて、レッドテープ英語: red tape)ともいう。 wikiより

 

私の妹が障害者保険を得る時、母はどれだけ嫌な思いをしたことか、思い出した。

しかし反面、「お母さんがんばって書類揃えよう」

と最大限の励ましをくれた役人もいたと言う。

 

映画上にも悪い役人といい役人がいた。

きっと世の中とはその混ざり合いで出来ているのかもしれない。

 

ダニエルが友だちになる非白人の20代であろう女性が登場するが、

ひとり親、子供二人、転居、仕事なしという設定。

彼女が配給所でもらった缶詰をその場で手掴みでむさぼるシーンがあった。

とても私には衝撃的だった。いつまでも心に残すべき場面。