読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームパイ

 

不二家ホームパイ

それは、今でもビビッドに思い出される光景の主役にいる。

 

幼稚園のお友達のお家に遊びに行った。

友達と言っても、母同士が仲が良く、近所にその幼稚園に通うのはその子だけだった。

 

お家に上がったのは、先にも後にもそれ一回の記憶しかない。

お屋敷だ。子供心にこの子とは育つ環境が違うなと思っていた。

でも、なんだかこのお家暗いなとも思ってた。

 

お友達のお母さんが出してくれたオヤツが、不二家ホームパイだった。

私はこれに衝撃を覚えた。こんな美味しい、おしゃれな食べ物があるなんて。

また、ホームパイに海外を夢見た。初めて感じた外国の味だったかもしれない。

 

その頃は不二家の店舗に行かなければホームパイは買えなかった。

2枚のパイが丁寧にシャカシャカと音がするセロファン

キャンディー包みでひねりくるまれていて、とても高級に感じていた。

 

母がバターが嫌いだったので、バターの味をこのホームパイで覚えたのかもしれない。

私のパイ好きはここから始まったのかもしれない。

 

今でも思い出せる。あのときの出会いを。

今でも大好きだ、不二家ホームパイ

でも、ディスカウントストアーで叩き売られ、薄くなったパイを見るとちょっと悲しい。