読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩が凝るのは

 

数年前に義理の母が亡くなり、葬式の出棺の直後に

義理の妹の友達と思われる女性が駆け寄って突然言った。

「帰っちゃうんですか?」と切羽詰まった感じで訴えて来た。

 

今でも我々は実家とは他県に住んでいる。

 

今でも思い出すと、とても嫌な気持ちになる。

知らない人、話したことも会ったこともない他人が突然私の目の前に現れて、

私だけに言い放つ。

 

お互いに面識のない間柄なのに「養子に入ってもらえばいいのよ」とか目上の者が

下の者に助言したりして。

 

反対に、「外のひとには分からない」と言われたこともある。

 

そうゆう雰囲気、そうゆう悪い言葉で言えば村社会が嫌い。

 

今でも思い出す子供のころの光景がある。

母の故郷が静岡で新茶の時期になるとお茶の葉が送られてきていた。

ある時、親戚の叔母さんがやって来て我が家の台所で茶筒からお茶をすくって持って

帰って行った。母から許可をもらっているとはいえ、とても不快だった。

 

人との距離感に激しく過剰反応しているだけだろうか?