読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後の言葉

ある大学の先生から、彼の執筆した本をとある理由から頂いた。

彼の業界の話が面白おかしく書かれてあり、私のような凡人にも楽しめるものだった。

 

大志を抱いてその道に進んだわけでもない先生が、今では誰よりも情熱を

持ってその道を明るくしようと、改革に取り組んでいる。

そうして今は、すべての仕事の集大成に入りつつあると言っていた。

 

いくつかご両親のエピソードも紹介されているのだが、これには参った。

お父様が癌でこの世を去る時に、先生に放った最後の言葉がこれだったという。

 

「おまえの苦業はすべて俺が持っていくから、おまえは心配しないで生きればいい」

 

立場、状況が違うだろうが、自分がこんな究極の愛を持って最後の時を

迎えられるだうか?想像を超越した言葉で、息を飲み、しばらく正気に戻れなかった。

 

先生の全てはこの一言に支えられて来たのだろう。