読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高橋大輔

昨日、彼が引退を表明した。

競技者としての彼の作品が見れないのかと思うと、悲しくてため息が出る。

もう彼が懸命に戦った大会を振り返り、思い出すことしか出来ないのかぁ。

 

それにしても最後まで彼は優しいアスリートだったと思う。

ガラスの心臓と言われ、練習やリハビリがキツくて家出をし、

オリンピックに出ることもいつもぼんやり描いていたと。

 

今もてはやされるのは、将来その道の世界一になることを力強く作文で

断言するような子供なんだろうが、彼は違ったと想像する。

私はそれでいいと思うし、そんな彼がとても好きだった。

 

長光コーチがこんなエピソードをインタビューで語っていた。

大阪、岡山間を練習で往復してた頃、列車に座って帰るために一番前で

ホームに並ぶのだが、結局は後ろのおばさん達に譲ってしまい、

自分はクタクタなのに立って帰ったと。

 

最後の会見も岡山で行われ、地元に恩返しがしたいと言う彼に十分にしましたと

長光コーチが彼の優しさをなだめるように、終止符を打った。